[締め切りました]2/25 Doctor X! ハイブリッド・セッション 大村和弘医師 in 長崎

■講義後アンケートにご協力ください

チラシのダウンロード

中高生のためのオンライン/リアル講義「Doctor X!シリーズ」第3弾は東京慈恵医科大学病院から大村和弘医師を迎えます。

大村医師は内視鏡を駆使して、鼻腔や脳の最深部にできた悪性腫瘍を切除する手術を専門とするスペシャリスト。両分野のトップドクターです。自ら開発した術式(手術法)を世界に発信し続け、国内外のがん拠点病院から高難度な手術を依頼されることも珍しくありません。

そんな大村医師のライフワークは国際支援。医師4年目の2007年から毎夏、休暇を利用して自費で東南アジアの国々に赴き、現地の医療者に手術指導を行っています。壁にぶつかりながらも始めた活動は少しずつ実を結び、今では現地の人々に「Dr.Bala」(ドクター・バラー:ビルマ語で「力持ち先生」)の愛称で頼られ、親しまれています。

今回は大村医師が長崎県大村市を訪問。現状に満足しない医療の大切さや国際協力の醍醐味と難しさ、未来の担い手に求められる資質などをテーマに、中高生と本音で語るセッションです。Zoomでリアルタイム配信するセッションに参加したい、大村先生とやりとりをしたい意欲的な生徒を募ります。

>>大村和弘医師のウェブサイト

■動画
2023年夏に東京慈恵医科大学病院で行われたTtF高校生向け医療体験の様子です。10時間を超える手術で頭蓋底の悪性腫瘍を摘出した後、大村医師は生徒3人を医局に招いて語り合いました。その一部をご紹介します。

 

大村医師からのメッセージ

僕は医療を通じて、そして自分の技術を通じて、世界各地の医師や患者さんたちにアプローチしています。

アプローチの方法は色々とあります。例えば、難易度がとても高い手術。この手術ができるようになったことで、僕は日本各地の患者さんを治療できるようになりました。新しい術式(15個)や手術器具を開発すると、それは日本以外の国々の人たちに手を差しのべることにつながります。自らを鍛え、高めると、国境を越えてアプローチができるのです。

海外でもチャレンジを続けています。日本でも難しいとされる経鼻内視鏡頭蓋底手術をカンボジアの医療チームに教えたり、イラクの耳鼻咽喉科学会に招待されて技術を教えたり。

なぜ、このようなことに取り組んでいると思いますか?

その答えに興味がある、世界で活動する人になりたい──そんな思いのある人は、ぜひこのセッションに参加していただきたいと思います。

このサイトを読んでいる皆さんは、日本の宝であり、世界の宝となる人たちです。たった5時間の企画ではありますが、皆さんが将来輝けるよう、僕が考える極意をみっちり詰め込んだ5時間にしたいと思います。

理想は対面で皆さんとお会いすることです。でも、オンラインでもぜひ、皆の率直な気持や疑問にもお答えしたいと思います。奮ってご参加ください!

大村和弘

大村医師からの宿題

大村医師の国際医療協力を追い、世界15の映画祭で受賞・ノミネートされたドキュメンタリー映画「Dr. Bala」をオンラインで特別配信します。

セッションは映画視聴を前提に行いますので、参加生徒は事前に必ずご視聴ください。
また今回は、医療分野と国際協力を志す生徒のため、映画視聴のみ(¥1,000)のお申し込みも受け付けます。「2月25日に参加できない」「途上国支援などに興味がある」という生徒もぜひご覧ください。

◇配信期間:2024年2月9日(金)20:00〜2月23日(金・祝)20:00[2週間]
◇入金確認後、2月上旬から順次、視聴用URLとパスワードをお知らせします
視聴後アンケートにご協力ください。回答内容は当日セッションに反映します

※映画館で既に「Dr. Bala」を鑑賞済みの生徒でも、セッション参加の割引はありません
※中高生のための特別価格です。一般の方のお申し込みはご遠慮ください
※Vimeoで配信予定です。通信環境や使用OS等により視聴できない場合がありますので事前にご確認ください。
※通信環境等によって視聴ができない場合でも返金ができないことをご了承ください。

>>「Dr. Bala」公式サイト(Koby Pictures)

■日時
2024年2月25日(日)12:00〜17:30予定
■内容
第1部:講義
第2部:インタラクティブなやりとり
〈休憩〉
第3部:ワークショップ(手術に欠かせない糸結びに挑戦)
第4部:1部~3部を踏まえたグループ別ディスカッション。Zoomブレイクアウトルームを利用して会場とオンライン参加の生徒が一緒に話し合い、最後は発表を行う予定です。

※昼食は済ませてからご参加ください。図書館内の飲食可能スペースが限られています。
※ワークショップは「たこ糸」と「ガムテープ」を各自ご用意ください
※サポート医学生が参加予定です

■参加費
◇セッション参加+映画視聴…1,500
◇映画視聴のみ…1,000

■募集期間
2月21日(水)正午まで

※オンライン参加は先着順・定員に達し次第締め切り
※映画の配信期間は2月9日20:00〜2月23日20:00(2週間)です

■定員と申し込み

会場・・・100名

場所:ミライon図書館(長崎県大村市東本町481)多目的ホール
対象:長崎県内のTtF連携4校の中高生(参加生徒と参加費¥1,500は各校でとりまとめ)
申し込み:参加が決まった生徒はフォームから登録をお願いします。

※対象は中学3年生以上です
※会場参加はTtFと企画を共催する学校の生徒に限ります。長崎近隣でも事前案内がない学校の生徒はオンライン参加をお申し込みください

オンライン・・・100名

対象:医師になりたい、または国際支援に関心のある全国の中学3年〜高校生
申し込み:フォームからお申し込みください。折り返しメールにて参加費(¥1,500)の振込先をお知らせします。2024年2月14日(水)までにご入金ください。入金確認をもって参加が確定します(先着順/定員に達し次第締め切り)。

※セッションのZoom表示名は「氏名・学校名」とし、カメラオフでの参加はできません

※オンラインは原則第3部まで。第4部は希望者のみご参加ください

映画視聴のみ・・・若干名

対象:医療や国際支援に興味のある、全国の中学生と高校生
申し込み:フォームからお申し込みください。折り返しメールにて視聴料(¥1,000)の振込先をお知らせします。2024年2月14日(水)までにご入金ください。入金確認後、視聴URLとパスワードをお知らせまします。

※配信期間は2024年2月9日(金)20:00〜2月23日(金・祝)20:00[2週間]です
※視聴後はアンケートにご協力ください。回答はセッション内容に反映します
※映画館で既に「Dr. Bala」を鑑賞済みの生徒でも、セッション参加の割引はありません
※中高生のための特別価格です。一般の方のお申し込みはご遠慮ください
※Vimeoで配信予定です。通信環境や使用OS等により視聴できない場合でも返金は致しかねますのでご了承ください